本文へスキップ

FX取引ランキング

TEL.

プロにならうFX取引NEWS&FAQ

サ決してレバレッジを高くしない
FXで成功する人の率は年間で、20%ほどしかいないと言われています。
この僅かな20%に入るためには、それ程難しいテクニックが必要な分けでは無く、コツコツと利益を増やしていく方法を利用するだけで達成できます。
具体的には、レバレッジを高くしない事がポイントとなります。
短期間で売買するデイトレの場合では、話が違ってきますが、初心者の方や確実に利益を上げたいならデイトレでの投資方法はとても危険なので、長期的に投資を行うようにしなければなりません。
デイトレでは、1日に何度も取引を行う事も多く、チャートの僅かな変動を見逃さず、数銭の値の動きにより利益を出します。
この方法はプロでも時には読みを外す事がありますので、個人投資家の方たちにはデイトレでの投資方法はオススメしません。
プロはデイトレでも必ず間違いがある事を前提にトレードを行い、大きな損にならないよう調整しながら、何度も負けても全体を考えれば利益を上げる方法を行っています。
非常に頭を使う作業ですし、プロと言う専門的な知識やテクニックも必要とします。
個人投資家が成功する為には、低レバレッジでの取引が最低限の条件となります。
できれば3?4倍程度までの低レバレッジで抑えておく方が良いでしょう。
高レバレッジではデイトレを専門とする為、プロは全体的では30%くらいの利益を目指しているように思えます。
低レバレッジでは40%程の利益を得ることは難しく無く、プロのやり方で行うなら利益率は下がってしまいます。
しかし、その方法を利用している場合でも、プロは決して高レバレッジでのトレードは行いません。
また、損が出そうになったら、損が大きくなる前に感情を入れる事は無く、キッパリと損切してしまいます。
個人投資家には出来ない事ですが、必要な時がくればプロは確実に大きな損をしないために行います。
たとえプロのようなデイトレをする場合でも、確実に利益を出す長期的なトレードの時でも同様で、高レバレッジは利用しない事が大前提となります。
プロの投資家は必ず損を仮定した取引を行っていますから、「この額まで下がったら損切」という事を決めています。
個人投資家では色々な心情が交じり合い、損切のタイミングを失う事も少なくありませんが、プロはさすがあっさりと損切をします。
確かに、「塩漬」という値がまた上がるのをじっくり待つのも作戦の一つですが、これはあくまでもかなりの低レバレッジでかけている時で、更に万が一下落しても強制決算にならないように十分な資金を用意している時のみ利用できる方法です。
プロはデイトレードを行いますから、値が上がるまで待っている暇は無く、日々値の動きを細かくチェックしています。
プロと言えどもデイトレを行うときに読みが外れる事もあり、またそれを十分考慮に入れた投資を行いますから、読みが外れたら当然として損を受け入れます。
逆に読みが当たった時は、さすがプロと言うくらい利益を上手く出しています。
プロは、損を限りなく小さく、そして利益はなるべく大きく得られる方法を考えています。
たとえ損をする割合が多くて、負けが6割勝ちが4割でも負けた分だけ利益を上げる方法を行っています。
極端な話し、勝ちが2割など非常に少ない割合だとしても、トータル的に見ると損をしないようにトレードしています。
しかし、プロの投資家がFXで利益を出している裏には、FXのトレードだけで生計を立てているのではなく、その技術を活かしセミナーを開いたり、投資の本を書いたりしている事が多く、FXのみの投資だけを頼りに生活しているわけでは無いようです。
他にも利益を出す方法はいくらでもある為、FX取引をするのはあくまでも短時間のデイトレのみで大きく儲けようとは考えていないのでしょう。
また、FXコンサルタントなどの会社に所属しているプロの投資家では、大きく利益を出すのでは無く、短期間に確実に少しでも利益を出す方法を行っていなければ、使えない人材としてクビになる事もあるのです。

FX取引

人気急上昇のFX会社